• ホーム
  • 糖尿病性緑内障と食後のすごし方

糖尿病性緑内障と食後のすごし方

女性医者とお年寄りの患者

糖尿病の合併症の中で多く起きているのが網膜症と呼ばれる目の病気で、細い網膜血管がブドウ糖の過剰な血液状態(高血糖)によって損傷することで、血管の詰まりや出血を起こすようになります。
このような糖尿病網膜症に関連し、最も恐ろしい合併症と言われているのが血管新生緑内障です。

糖尿病になると上記のように網膜血管が詰まるなどのダメージが入り、そのため網膜神経は酸欠状態になります。
血管の酸欠状態が目の前の方まで及んでくると、虹彩や毛様体に新生血管が発生することが知られています。
この新生血管は偽物の血管なので本来の強度を持たず出血しやすく(眼底出血)網膜の一番大事な黄斑にまで流れてくると視界がなくなってしまいます。
さらに、目の中を循環する水の出口(隅角)を塞いでしまいます。
そのために眼球内の水圧(眼圧)が上り、視神経が圧力によって損傷する緑内障になります。
緑内障の治療では投薬治療が難しくレーザー光線で新生血管を焼き切るような手術をする必要がありますが、体への負担も大きく根治が難しいことも知られています。
また、症状が悪化するまで自覚症状が出づらいことも特徴なため、このような症状が出る前に予防治療を行うことが重要とされています。

予防治療には血糖値コントロールが有効で、症状が軽い段階では運動・食事療法のよる食後のインスリンの分泌を改善する手法が採られています。
特に食後は運動療法の効果があるタイミングとされており、血糖値の上昇が認められる食後1時間前後に運動を行うのが望ましいです。
このように食後に適度な運動を入れて、有酸素運動によって糖や脂肪をエネルギーとして消費することは血糖値コントロールにつながります。

サイト内検索
人気記事一覧